国内での「Surface 3」の発売は6月19日に決定!個人向けはLTEモデルのみ!?

Surface 3-2

日本マイクロソフトは本日、10.8型のタブレットPC「Surface 3」を6月19日に発売すると発表しました。5月20日より予約を開始するとのことです。

Sponsored Links

個人向けはLTEモデルのみ

発表された内容によりますと、個人向けにはLTEモデルのみが用意され、法人向けにはWi-FiモデルとLTEモデルが用意されるとのこと。

発表された構成と価格は以下の通りです。

Wi-Fiモデル(法人のみ)

  • メモリ2GB、ストレージ64GBモデル:68,800円
  • メモリ4GB、ストレージ128GBモデル:78,800円

LTEモデル

  • メモリ2GB、ストレージ64GBモデル:81,800円(法人向けは78,800円)
  • メモリ4GB、ストレージ128GBモデル:91,800円(法人向けは88,800円)

なおLTEモデルはこれに月額3,696円かかる模様

Surface 3 kakaku-1

Surface 3 kakaku-2

発表会のスライド 画像参考:PC Watch

正直なところ個人向けにはLTEモデルしか販売しない意味がわかりませんね。

Surface 3は軽量薄型ながら最新のAtom x7プロセッサ搭載していることも素晴らしいですが、なにより価格が安いというところが最大の魅力だというのにわざわざ価格の高く、月額費用のかかるLTEモデルしか販売しないとなると魅力が半減です。

なんとも残念な発表となりましたが、今後個人向けにWi-Fiモデルが販売される可能性は十分あります。Surface 3のWi-Fiモデルがほしい人は個人向けに販売されるのを待つか、輸入モデルを買うことをおすすめします。

参考:PC Watch

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。