iPhone6純正シリコンケース(白)の外観やサイズ、使ってみて思ったことなど

iPhone6case

家電量販店やネットではなかなか手に入らなかった純正シリコンケースですが、先日銀座のApple Storeに行き、やっと手に入れることができました。

せっかくなので、その外観やサイズ、使ってみて思ったことなどについてまとめてみました。

Sponsored Links

外観

背面

iPhone6case-1

思ったより落ち着いた感じの白で、シリコンケースなのに高級感が感じられる滑らかでしっかりとした質感となっています。

シンプルなデザインで、Appleのロゴも主張しすぎず、全体的に落ち着いた感じでまとまっているのが好印象です。

正面

iPhone6case-2

裏地はマイクロファイバー製で、iPhone6が傷つくのを防ぐ仕様になっています。

内面にiPhoneの文字が入っていて、Appleのこだわりを感じます。

外観(装着時)

正面

iPhone6case-3

純正だけあってシリコンケースの白の色がシルバーのiPhone6にぴったりです。

背面

iPhone6case-4

購入するとき、カメラ部分の黒枠が気になっていたのですが、実際に見てみるとそこまで目立たず特に違和感もありませんでした。

側面(電源ボタン部分)

iPhone6case-5

電源ボタン部分もシンプルなデザインになっています。

この角度で見るとわかりますが、ケースが正面ガラス部分よりも若干出っ張っていることがわかります。恐らく正面から落とした際にガラス部分を保護するためでしょう。

側面(音量ボタン部分)

iPhone6case-6

マナーモード切り替え部分に適度な穴が空いていて、多少厚みがあっても切り替えやすいようになっています。

ボタンも押しにくいという噂があったので心配していたのですが、押しにくいという感じは全くなく、しっかり押せている感じがします。

カメラ部分

iPhone6case-7

カメラ部分はしっかり保護できていて、カメラを下にしておいても大丈夫なようになっています。

また、カメラ部分の穴が他のケースと比較しても非常にコンパクトで、Appleならではの精密さを感じさせます。

サイズ

横幅

iPhone6case size-1

縦幅

iPhone6case size-2

厚さ

iPhone6case size-3

サイズは実測値で

71mm×140mm×9mmとなっています。

※実測値なので多少誤差はあると思います。

iPhone6のサイズは

67mm×138.1mm×6.9mmなので、

横幅が約4mm、縦幅が約2mm、厚さが約3mmほど大きくなっています。

重さ

weight-iPhone6_silicon_case

重さは17gとやや厚みのあるケースとしては軽量な方だと思います。

使ってみて思ったこと

普通に操作する場合は片手でも操作できますが、寝ながら操作するときなどの場合には片手での操作が難しくなり、若干握りにくくなった感じがします。

ケースなしで使う場合に比べますと背面が滑りにくい素材でできているので、滑って落としてしまうような心配はあまりないように思います。

他に気になったところとしては、厚みがあって滑りにくい素材でできているので、少しポケットに入れにくいところです。

素材感は良好で持ち心地はけっこういいです。

まとめ

純正シリコンケースはAppleらしさを感じる落ち着いたデザインと高級感がある質感で、全体的によく仕上がっていると思います。

若干厚みのあるこのケースは、特定の場合には片手での操作性に若干難があるもののしっかりとしたつくりから落とした場合でも本体を保護してくれるという安心感があります。

価格が高いのがネックですが、純正品ならではのデザイン性と安心感がありますので、そういったことを求めるのであれば、買う価値のあるケースであることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>