約2万円のフランス産格安スマホ「idol 3」の購入&外観レビュー

idol-3-review-1

先日、近所のコジマ電機にて福袋を買いに行ったのですが、目的だったiPadの福袋がぎりぎり購入できず、しょうがないので5.5インチフルHD、8コアCPU搭載で約9600円と破格の安さだったフランスブランドALCATELの「idol 3」の福袋を購入することに。

今回はこの「idol 3」の購入&外観レビューについてまとめてみました。

Sponsored Links

購入&外観レビュー

idol-3-review-1

こちらが外箱です。

いわゆるシンプルな外箱ではなく、なんとなく格安っぽい雰囲気の外箱となっています。

idol-3-review-2

箱を開けると「idol 3」が登場。

文字が逆に印字されているのは、本体が上下逆でも違和感のないリバーシブルデザインとなっていることを意識したものだと思われます。

idol-3-review-3

本体の下にはなんと専用の画面保護フィルムが付属しています。

これはスマホに必ず保護フィルムを貼る方にとってはうれしい付属品ですね。

idol-3-review-4

どうでもいいのですがこの保護フィルムについている外側フィルムをはがすシールの絵が地味にかわいかったです笑

idol-3-review-5

さらに下には充電器と充電用micro USBケーブル、イヤホンなどが入っていました。

idol-3-review-6

こちらが付属品一覧です。

フランスのメーカーながらもしっかり日本語の説明書がついています。

idol-3-review-7

付属品のイヤホンは平たい形状のイヤホンで格安スマホに付属しているものにしては品質が高く感じるものでした。

idol-3-review-8

いわゆるカナル型タイプで音漏れの軽減と遮音性の高さが期待できそうです。

idol-3-review-9

いよいよ本体の外観を見ていきます。

正面には本機種の大きな特徴となるデュアルスピーカーグリルが上下にあります。

また、リバーシブルデザインで上下逆にしても違和感なく使うことが可能です。

idol-3-review-10

下側にはmicro USBとマイクがきれいに配置されており、格安ながらもデザインにこだわっていることがわかります。

idol-3-review-11

左側面には電源ボタンとSIMカード、microSD用スロットがあります。

idol-3-review-12

上面にはイヤホンジャックとマイクがあり、こちらもきれいに配置されています。

idol-3-review-13

右側面には音量ボタンがあるのみのシンプルなデザインで、側面のデザインは全体的に洗練されていることがわかります。

idol-3-review-14

背面のデザインもシンプルで洗練されており、とても格安とは思えないクオリティです。

idol-3-review-15

近くで見ると控えめなヘアライン加工が施されており、高級感すら感じられます。

idol-3-review-16

こちらがもともとついていたフィルムをはがした後の正面デザインです。

余計な文字が消えてスッキリしました笑

ちなみに画像では付属の保護フィルムを貼っていますが、この保護フィルムをきれいに貼る作業に1時間近く時間がかかりました^^;

普通の保護フィルムより恐ろしく気泡ができやすく、画面が大きめなせいか貼る場所の調整も難しいためきれいに貼るのは非常に難易度が高かったです。

保護フィルムで大量に気泡ができるのが嫌な人や保護フィルムをきれいに貼る作業に無駄に労力をかけたくない人は付属の保護フィルムは推奨できないかもしれません。

まとめ

安かったのでおまけで買ったような製品でしたが、思いのほか品質が高く、そのデザインの良さに驚いています。

これで公式価格でも19,800円(税別)と非常に低価格に抑えられているというのですからさらに驚きです。

今回は外観のみのレビューとなりましたが、スペックも非常に高いもので、5.5インチフルHD、8コアCPU、2GBメモリ、高音質デュアルスピーカー搭載など非常にコスパに優れた製品と言えるでしょう。

今後はその使い勝手などについてもレビューを行っていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>