AppleとGoogle、新型コロナ対策でタッグ結成!iOSとAndroidが連携し、濃厚接触の検出へ

Apple Google

Apple及びGoogleは4月10日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、Bluetooth技術を用いた共同の取り組みを実施すると発表しました。

Sponsored Links

iOS、Androidが連携へ!

新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるには濃厚接触の検出・追跡が重要とされています。そのため両社は世界中の濃厚接触の検出・追跡する技術の研究を支援しているとのこと。

両社がタッグを組む目的は多くのスマートフォンのベースとなっているiOSとAndroidを連携し、Bluetooth技術を用いて、この濃厚接触を検出することにあります。この技術は検出を可能にしながら、強力なプライバシー保護も維持するとのこと。

5月中にiOS、Androidで相互運用できるAPIが公衆衛生当局向けに配布予定、順次アプリストアからダウンロードできるようになる模様。数ヶ月後にはBluetoothベースで濃厚接触の可能性を検出できる状態を目指すとのこと。

個人的には思わぬ形でiOSとAndroidが連携することになったなという印象です。

現時点での世界の状況を考えますと、こうした取り組みは濃厚接触の検出、おそらくは感染経路の追跡などに役立つことでしょう。将来的には混雑予測やiOSやAndroidスマホのデータ通信などにもつながる可能性もあります。ただ、新型コロナウイルスが収まり次第終了するのか収まっても継続するのかは不明です。

世界のためにライバル企業同士が連携する取り組みは素直に称賛したいです。

参考:Japan cnet
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください