Apple、MacのARMベースチップへの移行を正式発表!今年後半にも製品がリリースへ

Apple Silicon

AppleはWWDC2020にて、Macに搭載されるプロセッサをARMベースチップへと移行することを正式発表しました。

Sponsored Links

今年後半にも製品がリリースへ

Appleが発表した主な内容がこちら

  • Macで動作するARMベースチップ「Apple Silicon」発表
  • デスクトップクラスの性能ながらノートブック並に省電力が目標
  • 実はイベントの新macOSのデモは全てA12Zチップで動作していた
  • 新macOSの標準アプリは全てARMベースチップに対応
  • 「Universal 2」によりIntelベースでもARMベースでも動作するアプリ開発可能
  • 「Rosetta 2」により既存のアプリをARMベースMacでも動作可能に
  • 「Virtualization」によりLinuxのような別OSも動作可能
  • iOSで動作するアプリがほぼそのままMacで利用可能
  • これらによりあらゆるアプリが動作する環境を実現
  • 開発者向けキットDTKはMac miniでA12Zチップが搭載、本日より申請可能
  • 今年後半にも搭載された製品がリリース
  • 2年かけて全てARMベースへ移行する計画

ついにMacのARMベースへの移行が正式発表されました。

気になっていた従来のアプリとの互換性もしっかり確保されているようで、それどころかiOSのアプリにも完全対応するようです。性能の方もデスクトップ並の性能をノートブック並の消費電力で動作させることを目指しているとのこと。

今年後半にも搭載製品がリリースされるとのことで、発表される製品に期待です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください