新型MacBook Pro 16インチの進化が半端なさすぎる…高解像度、熱設計改善、物理esc、新型キー、6スピーカー、最大8TB、100Whバッテリーなど

MacBookPro16 2019-1

Appleは本日新型MacBook Pro 16インチを正式発表しました。

Sponsored Links

とんでもなく進化

MacBookPro16 2019-2

新型MacBook Pro 16インチの主な特徴をまとめたのが以下の通りです

  • 500ニト、P3、3072×1920ピクセル(226ppi)の16インチディスプレイ搭載
  • 前モデルより28%エアフロー改善、最大持続力12ワット増加
  • 前モデルハイエンドGPUより最大80%高速化したGPU(Radeon Pro 5500M 8GBの場合)
  • 新設計のシザー構造キーボード、物理escキー、矢印キーを逆T字型へ
  • 新設計の6スピーカーシステム、デュアルフォースキャンセリングウーファーで振動をシステムの大幅減
  • スタジオ品質の3マイクアレイ搭載
  • ノートPC史上最大となる最大8TB SSDを搭載可能
  • Apple史上最大となる100Whバッテリー搭載、最大11時間動作(ネット閲覧時)
  • 15インチより若干大きく、重く
  • サイズ35.79 x 24.59 x 1.62 cm、重さ2.0kg(15インチは34.93 x 24.07 x 1.55 cm、1.83kg)
  • 価格は15インチ標準モデルと同じく248,800円(税抜)〜
  • 標準モデルで6コアCore i7、16GBメモリ、512GB SSDモデル搭載

新型MacBook Pro 16インチは予想の遥か上を行く進化を遂げてきました。

これほどまでのスペックながらも価格は従来から据え置きの248,800円〜というのがさらに素晴らしいところ。

持ち運べるプロレベルのPCが欲しい人にとっては朗報と言えるかもしれません。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください