iPhone 12 mini用純正MagSafeクリアケース購入・外観レビュー!全然カチっとハマらない件

iPhone 12 mini用の純正MagSafeクリアケースを購入しましたので、実際に装着してみた外観デザインや使用感などまとめてみました。

購入・外観レビュー

純正クリアケースの箱です。

独特な白い円状のMagSafeが特徴です。

箱を開封したものがこちら。

クリアケースと説明書のみのシンプルな構成です。

クリアケースがこちらです。

MagSafeの磁石に合わせた白い部分がとても特徴的です。

背面には認証マークや製造元などの記載があります。

見えないところなのにかなり凝ってます。

 

装着してみた結果

このケースはMagSafeというiPhone 12 mini側にある磁石でくっつく仕組みなので、簡単にカチッとくっつくのかと思ったのですが、実際には全然カチッとくっつかず、従来のケースと同様に普通に頑張って押し込んで装着しました。

これ磁石でくっつく意味あります?

実際にケースを装着したiPhone 12 miniがこちら。

装着してみますと普通のクリアケースという感じです。

ただ、背面は従来のクリアケースとは異なります。

公式サイトで見た時はこのデザインはあまり良いとは思いませんでしたが、実物を見てみますと、質感が非常に良く、iPhone 12 miniのシンプルな背面デザインと非常にマッチしたデザインのようにも思えます。

斜めから見るとわかりますが、クリアケースの反射具合が絶妙です。

非常に高級感を感じる上、iPhone 12 miniのデザイン性も損なうことなく、見ればわかる独特なデザインを実現したとても洗練されたデザインです。

このデザインのために装着し続けても良いくらいです。

このクリアケースはけっこうな厚みがあります。

しかし、透明度が非常に高いので、本体デザインがはっきり透けて見える他にはないようなクリアケースです。

PVなどを見る限りMagSafeケースはiPhone 12の側面は全部保護していると思っていましたが、どうやらiPhone 12 mini用のケースは下側が空いたデザインとなっているようです。

カチッとハマりにくかったのもこのデザインの違いが原因ですかね。

 

使用感

実際に装着した状態で持ってみました。

触ってみると非常に滑らかな質感で、安物のクリアケースとは雲泥の差です。

厚みがあるので、持った時の安心感は半端ないです。

一方で片手操作性は明らかに悪くなった印象です。

やはり厚みがある分、持ちにくくなっています。

 

安物クリアケースとの比較

試しにiPhone SEで使用している1000円程度で購入した安いクリアケースとも比較してみました。

見てみますと、明らかに純正MagSafeケースの方が透明度が高いです。ただ、安物ケースは購入して約1年使用していますので、クリアケース特有の経年劣化による黄ばみはあります。

装着したときの比較です。

装着してみますと、iPhone SE(右)のクリアケースの黄ばみはそれほど気になりませんが、全体的な透明感は圧倒的にiPhone 12 miniの純正クリアケースの方が上です。

斜めから見ても質感には圧倒的に差があります。

持ったときの質感もまるで別物で、純正クリアケースの方が圧倒的に滑らかで持ち心地が良いです。

 

総評

iPhone 12 mini用の純正MagSafeクリアケースは間違いなくクリアケースとしては最高峰のクオリティです。

ただ、気になる点としては全然カチッと簡単にハマらないということと厚みがあるため片手操作しにくくなるということです。

iPhone 12 miniはコンパクトさが売りでもあるので、片手で操作しやすいサイズを求めてこのiPhoneを購入するという人も多いでしょう。そうした人がケースをつけるべきかというと推奨はできません。

この辺りは本体の保護性能と操作性の兼ね合いとなるので、どちらを優先するかですね。

ひとまず、iPhone 12 miniの純正MagSafeクリアケースはケースとしてのクオリティは最高でした。どうしてもケースをつけたい人は買って損するものではないと思います。

 

iPhone 12/mini/Pro/Maxのご購入はこちら
▶︎ au / ドコモ / ソフトバンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました