iPhone 12シリーズのバッテリー容量判明か?現行モデルとの容量比較も

iPhone11ProMaxBattery

画像:ifixit

mysmartpriceによりますと、認証機関UL Demko、Safety Korea、3CにてAppleが新型iPhoneのバッテリーに関する申請を行ったことが判明しました。

Sponsored Links

iPhone 12のバッテリー容量判明か

申請内容より判明したバッテリー容量がこちら

  • A2471:iPhone 12 5.4インチ:8.57Wh(3.85V/2227mAh)
  • A2431:iPhone 12 Max 6.1インチ:10.63Wh(3.83V/2775mAh)
  • A2431:iPhone 12 Pro 6.1インチ:10.63Wh(3.83V/2775mAh)
  • A2466:iPhone 12 Pro Max 6.7インチ:14.13Wh(3.83V/3687mAh)

参考までに現行モデルのバッテリー容量がこちら

  • iPhone SE(第2世代)4.7インチ:6.96Wh(3.82V/1821mAh)
  • iPhone 11 6.1インチ:11.91Wh(3.83V/3110mAh)
  • iPhone 11 Pro 5.8インチ:11.67Wh(3.83V/3046mAh)
  • iPhone 11 Pro Max 6.5インチ:15.04Wh(3.79V/3969mAh)

見てみますと、iPhone 12シリーズはiPhone 11シリーズよりバッテリー容量が約10%減っていることがわかります。

今年のiPhoneに搭載される見込みのA14チップではプロセスルールが7nm→5nmに縮小され、それに伴い消費電力も減ることが予想されますが、それでもバッテリー容量10%低下は驚きです。

今年のiPhoneは消費電力の高い5G対応とも言われており、果たしてバッテリー容量が低下した部分をチップの電力効率で補えるかは若干疑問です。もしかするとバッテリー駆動時間が減る可能性も考えられます。

とはいえ、iPhone 11で飛躍的にバッテリー駆動時間が伸びたので多少減っても十分なバッテリー持ちと言えるのかもしれません。

参考:mysmartprice画像:ifixit
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください