iPhone 9(SE 2)に影響か?iPhoneの生産量、4〜6月になるまで大幅改善されない見通し

iPhone 2020 concept-5

MacRumorsによりますと、Ming-Chi kuo氏からの情報としてiPhoneの生産は2020年第2四半期(4〜6月)になるまで大幅改善されない見通しであるとのこと

Sponsored Links

iPhone 9(SE 2)はどうなる?

情報によりますと、iPhone向けカメラレンズを供給するGenius Electronic Opticalはここ1ヶ月で生産量が急激に減少し、早くとも5月までは大幅な生産は開始されない模様。

また、新型コロナウイルスの影響が世界的に拡大した場合、Appleのサプライチェーンに与える影響がどれほど大きいかは予想もつかないとのこと。

しかし、同氏は今年1月時点で3月にiPhone 9、iPhone SE 2と噂される製品が発表されるものと予想しています。

新型コロナウイルスの拡大が止まりませんが、Appleもかなりの影響を受けているようです。

iPhone SE 2とされる製品も予定通り3月に発表されるか怪しくなってきましたが、今のところ発表の延期などの情報はありません。ただ、発売されたとしても当面は品薄状態が続くことになるものと予想されます。

参考:MacRumors
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください