2020年iPhoneは全て有機EL、5G対応で6.1インチが2つの4モデル展開?2021年以降は年2回新型iPhone発表か

iPhone11−1

米CNBCはJPMorganのアナリストSamik Chatterjee氏から得た情報として2020年iPhoneなどの今後のiPhoneに関連する情報を公開しています。

Sponsored Links

2020年iPhoneはやはり全4モデルに?

同メディアが公開している情報をまとめたのがこちらです

  • 2020年iPhoneは5.4インチモデルが1つ、6.1インチモデルが2つ、6.7インチモデルが1つの4モデル展開になる
  • 全てのモデルに有機ELディスプレイ搭載
  • 6.1/6.7インチはハイエンドモデルとなり、ミリ波(30GHz前後)とサブ6GHzをサポートした5G対応、3Dセンシング付きトリプルカメラ搭載
  • 6.1/5.4インチはローエンドモデルとなり、サブ6GHzのみサポートの5G対応、デュアルカメラ搭載(3Dセンシングなし)
  • 2021年以降は年に2回新型iPhoneをリリースする計画

今回の情報はこれまでの情報とは若干異なり、ハイエンドの位置付けとされていた5.4インチモデルがデュアルカメラのローエンドになると伝えられています。

また、6.1インチがハイエンドモデルとローエンドモデルの2つに分けられ、全4モデル展開になるとしています。

さらにこれまで毎年9月の1回のみ新型iPhoneが発表されていたのが、2021年以降は2回に分けられるとのこと。

個人的には5.4インチがローエンドの位置付けになるというのは少しショックですね。しかし、高度な技術が求められるミリ波を搭載することを考えますと物理的に大きいモデルの方が有利なのだと考えられます。

iPhoneが2021年以降、年2回の発表となるのは予想外ではありますが、納得な気がします。情報元の米CNBCでは、ライバル社との競合のために偏りがちだったiPhoneを売り上げる時期を分散させ、iPhoneの販売に柔軟性を持たせるためとしていますが、個人的にはiPhoneのナンバリングをごまかす狙いがあるのではと推測しています。

iPhone 7辺りまでは4→4s→5→5s→6→6s→7のようにナンバリングされ、「s」は外観を変えず中身を変えるマイナーアップデート、数字が変わったときはデザインや本体サイズなどが大きく変わるメジャーアップデートで2年に1回メジャーアップデートというのがこれまでの流れでした。

しかし、7以降外観が大きく変わることはなくなり、ナンバリングも7→8→X→XS→11とバラバラになってきました(次期iPhoneは12になると言われています)

このことからかつての1年に一回発売という流れをあえてくずし、ナンバリングに違和感を持たせないようにする狙いもあるのではと思いますね。

参考:CNBC
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください