2020年の次期iPhone、5.4インチモデルはSEと8の中間の高さに?全モデルカメラ以外のデザインは共通か

iPhone 2020 5.4 Size-5

画像は以前予想した2020年iPhoneの本体サイズ

Macお宝鑑定団によりますと、中国サプライヤーからの情報として9月発売の次期iPhoneは同じ筐体デザインで背面カメラの数のみ異なる仕様になると伝えています。

Sponsored Links

5.4インチiPhoneはSEと8の中間の高さか

同メディアが伝えている情報をまとめたのがこちらです

  • 厚みが7.4mm前後に
  • ディスプレイベゼルの厚みは2mmに
  • 全モデル有機ELディスプレイ採用
  • TrueDepthカメラを引き続き採用
  • 5.4インチモデル
    • iPhone SEとiPhone 8の中間の高さ
    • iPhone 11と同等サイズの2眼カメラ
  • 6.1インチモデル
    • iPhone 11とiPhone 11 Proの中間の高さ
    • iPhone 11と同等サイズの2眼カメラ
  • 6.7インチモデル
    • iPhone 11 Pro Maxよりわずかに高さが増える
    • iPhone 11 Pro Maxより大きいセンサーサイズの3眼カメラ
  • 全モデル底面マイク穴の数が異なる

この情報が正しければ5.4インチiPhoneはiPhone 8よりも小さなサイズになることが予想されます。SEと8の中間と言っていますが、具体的にどれくらいの大きさなのかは不明です。

ただ、個人的に予想した2020年iPhone 5.4インチモデルのサイズでは確かにSEと8の中間サイズとなっていました。

ディスプレイベゼルが2mmとのことで、金属筐体部分の厚みを含めると現行モデルと同等の4mmベゼルになるものと思われ、理論的には自分の予想と近いサイズとなるのかもしれません。

2020年5.4インチiPhoneの本体サイズ(仮)を現行モデルと比較してみた
2020年に発売されるiPhoneは6.7/6.1/5.4インチとなり現行の6.5/6.1/5.8インチより大型化、小型化されたライ...

ただしこのサイズはあくまで個人的な予想であり、今回の情報の信ぴょう性も不明なので、期待半分程度にとらえておいた方がいいでしょう。

参考:Macお宝鑑定団
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください