2020年iPhoneはノッチ廃止、Lightning端子継続、画面内蔵指紋認証搭載か

iPhone 2020 Concept−3

最近、2020年iPhoneなどに関する情報が次々公開されていますが、BenGeskin氏や台湾メディア経済日報が2020年iPhoneに関する新たな情報を公開しています。

Sponsored Links

ノッチ廃止やLightning端子継続など

BenGeskin氏がTwitter公開した情報がこちら

同氏によれば2020年iPhoneのプロトタイプ(D53)は

  • マナーモードスイッチが縦型
  • ノッチ(画面上の出っ張り)なし
  • Lighningコネクター
  • iOS 14(18A311)搭載

とのこと。

同氏は以前にも似たような情報を公開しており、このときは試作機の一つにノッチにある顔認証用カメラなどがベゼルに内蔵され、ノッチ廃止されたモデルがあると述べていました。

2020年iPhoneは画面上部のベゼルにカメラが内蔵される可能性
iPhoneリーク情報に定評のあるベンジャミン・ジェスキン氏によりますと、2020年の6.7インチiPhoneの試作機の一つに画面上...

画面内蔵指紋認証搭載の可能性

台湾の経済日報によりますと、Appleが来週にも台湾の鴻海(ホンハイ)グループのGIS社と次期iPhoneの画面内蔵指紋認証搭載に関する協議を行う予定だと報じています。

同メディアのレポートによれば、2020年iPhoneのうち少なくとも一つがQualcomm製の超音波式画面内蔵指紋認証を搭載する予定とのことですが、2021年にずれる可能性もあるとのこと。

Qualcomm製の超音波式指紋認証はSamsungのGalasxy S10やNote S10にも搭載されていますが、一時期は他社製の画面保護フィルムを貼るだけで誰でも指紋認証を突破できてしまう不具合が判明し、一部の銀行などでSamsung製品からの決済を利用不可にするなどの事態にまでなりました(現在は修正済み)

おそらくAppleが長年噂されているものの未だ画面内蔵指紋認証を搭載しない理由にはこうした問題を認識しているからかもしれません。確かな精度が確認できれば2020年にも、問題があれば2021年の採用になるものと思われます。

参考:TwitterMacRumors
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください