iPhone XR実機に触れてみて買うならXS一択だと思った話

iPhone XR review-8

本日発売されたiPhone XRに早速触れてきましたので、今回はその外観レビューや実際に実機に触れてみて思ったことなどをまとめてみました。

Sponsored Links

外観レビュー

iPhone XR review-2

こちらがiPhone XR。

XSより明らかにベゼル(まわりの黒縁)が太いです。

これまでに何度かXSやXに触れてきたためかこのベゼルを見たときは思いのほか太く感じてちょっとゲンナリしました^^;

iPhone XR review-3

ホーム画面です。

画面は6.1インチ、1,792 x 828ピクセルの液晶でXSの5.8インチ、2,436 x 1,125ピクセル有機ELに比べると劣りますが、見た感じそこまで画質が悪い印象はありませんでした。というか十分高画質でした。

iPhone XR review-4

試しに片手でどこまで操作できるか確かめたところギリギリ左上のアプリに届く感じでした。

iPhone XR review-5

横端はXS Maxのときよりは届きやすい印象でした。

iPhone XR review-6

Webページは縦長のため表示も広いです。

解像度の関係で若干XSよりも表示する領域は広いようです。

iPhone XR review-7

片手操作をしようと思えば、Assitive Touchと簡易アクセスを利用すればギリギリできないことはなさそうな感じでした。

今回触れた限りではMaxのときのように明らかに片手操作すると危ないという感じではなかったです。

ただ、片手操作を意識するとやはりコンパクトなXSの方が扱いやすいです。

iPhone XR review-8

背面はこんな感じです。

XRの特徴であるポップな色合いの背面はかなりクールで、明るくも品質の高さを感じる色合いとなっています。個人的にこのブルーは好きですね。

iPhone XR review-9

ブラックはXSのスペースグレイより暗い色合いです。

黒が好きな方はこっちの方が「黒」って感じでいいと思います笑

iPhone XR review-10

ホワイトは明るめでスッキリした色合いの白色です。

iPhone 4sを彷彿させるような色で個人的にかなり好きな色ですね。

iPhone XR review-11

イエローはいい感じに派手な色合いです。

他のスマホでもここまで派手な色はなかなかないので、見た瞬間に「あ、XRだ」ってわかる感じの色だと思います笑

iPhone XR review-12

コーラルもかなり派手めです。

オレンジと赤の中間のような色ですかね。PRODUCT REDほど赤さはいらないけど、赤めの色が好きという人にオススメの色でしょう(PRODUCT REDの写真は取り忘れました^^;)

XSとの比較

iPhone XR review-13

せっかくなので、隣にあったXSと画面の比較をしてみました。左がXS(5.8インチ)、右がXR(6.1インチ)です。

見ての通り意外とサイズに差があります。

持ちやすさでいえばやはりコンパクトなXSの方がいいです。

重さに関してはXSが177gで、XRが194gと差がありますが、実際に持ってみた感じだと特別XRの方が重いという感じはしませんでした。

あと地味な違いとしてXRの方が表示が若干小さく、表示領域も広めでした。おそらく表示領域自体はXS Maxと同等で、XS Maxが3倍Retina、XRが2倍Retinaのため解像度が異なっているものと思われます。

もう一つ気になるのがやはり”ベゼル”ですね。

普段はそこまで意識することはないかもしれませんが、実際に実機に触れてみると想像以上にベゼルが太くて少し野暮ったさを感じるデザインです。慣れれば問題ないんでしょうけど。

iPhone XR review-14

あと個人的に衝撃だったのがカメラです。

XSはデュアルカメラを利用してこのようにどの被写体であってもポートレートを適用することができます。

iPhone XR review-15

しかし、XRはなんと人以外はポートレートが使えないようなのです(人以外の場合、上に「誰も検知されませんでした」と表示される)

シングルカメラでAIを使ってポートレートを再現しているためか人物以外ではポートレートはできないということでしょうか。

これはブログでよくモノを写真撮影する自分としてはかなり致命的な欠点です。

最近のiPhoneで最も売りなカメラ機能であるポートレートモードが人物だけにしか使えないとなると、せっかく新型iPhoneを買ってもカメラでその価値を実感することが少なくなってしまうということになります。もちろんカメラの画質は良いんでしょうけど。

ただ、この辺りはソフトウェア的な問題であるので、今後のアップデートで人以外のポートレートにも対応する可能性は考えられます。

まとめ:XR買うならXS買う

今回iPhone XRに触れてみて思ったのは十分出来はいいけど、思いのほか残念な所がいくつかあったということです。

一応スペック上で劣っているように見えるディスプレイの画質に関しては十分で、デザインもかなり良く、今回は触れませんでしたが性能もXSと同じA12搭載でこれらの点に文句はありませんが、ベゼルが思いのほか太い、XSよりわりとでかい、カメラで人以外にポートレートが使えないなど個人的に残念に感じたところが多かったです。

これで8万円もかけてXRを買うなら多少高くとも11万のXSを思い切って買ったほうがまだマシだなと思いました。

まあどちらかというと小型派でいろいろとこだわりがある個人の意見なので、XR欲しい人は全然買っても良い製品だと思います。

あくまで参考程度にどうぞ^_^

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください