Appleは2018年〜2019年にかけて「Face ID」搭載製品を増やす予定か?製造元が大量の設備投資へ

iPhone X-9

ETNewsが、業界の話として、Appleは2018年から2019年にかけてより多くの製品に顔認証機能「Face ID」モジュールを採用する予定だと伝えています。

Sponsored Links

製造元が大量の設備投資

情報によりますと、iPhone Xの顔認識モジュールを製造するLG Innotecが8,737億ウォン(約910億円)をモバイル機器のカメラモジュールおよび新たなモジュール事業に投資することを発表した模様。

LG InnotecはこれがApple向けのものなのかは明らかにしなかったものの、業界ではこの投資はAppleの顔認識モジュールに向けたものと考えられているようです。

また、Appleは2019年に顔検出機能を強化させる予定だとも言われています。

過去の情報では2018年は3つの新型iPhoneが登場し、その全てにベゼルレスディスプレイと「Face ID」を搭載すると言われています。

2018年iPhoneは6.5/6.1/5.8インチの3モデルに!?6.1インチは液晶搭載の低価格モデルか
MacRumorsによりますと、Apple製品のリーク情報に定評のあるKGI証券アナリストMing-Chi Kuo氏からの報告として...

また、この他にもiPadもiPhone Xのようなベゼルレスデザインと「Face ID」搭載の噂があります。

2018年iPadはホームボタン廃止!?完全にFace IDに移行か
Bloombergによりますと、事情に詳しい関係者からの話として2018年iPadはホームボタンを廃止し、Touch IDの代わりに...

これらの情報から考えるに今回のFace ID製品増加の情報も妥当な気がします。

参考:気になる、記になる…
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください