新型iPad向けキーボードがすごすぎる!!シザー式、バックライト、トラックパッド付、USB-C端子、そして浮く…

MagicKeyboard iPad

Appleが発表した新型iPad Pro向けキーボード「Magic Keyboard」の進化がすごすぎたので解説します。

Sponsored Links

iPadが浮く

この製品の主な特徴がこちら

  • 1mmストロークのシザー式キーボード
  • バックライト搭載キーボード
  • マルチタッチジェスチャー対応トラックパッド搭載
  • 側面にiPadの充電もできるUSB-C搭載
  • iPadを見やすい角度に調節、浮かせることが可能なフローティングカンチレバー
  • 背面にAppleのロゴがついた

1mmストロークのシザー式キーボード

MagicKeyboard2020-2

従来のiPad向けキーボードは素材の反発を利用したポチポチ感触のキーボードでしたが、キーストロークは浅めで人によっては合わない人もいました(個人的にはこちらも悪くないと思いますが)

それが今回Mac向けMagic Keyboardにも採用されるシザー式キーボードとなったことでタイピング性能は格段に向上することでしょう。

キーストローク(キーの深さ)は1mmで従来通りフルサイズを確保しており、快適なタイピングが期待できます。

バックライト搭載

驚くことにバックライトも搭載しました。

バックライトがあることにより、暗い場所でのタイピングもやりやすくなり、飛行機での移動が多い方や暗い場所で作業する必要がある方には素晴らしい機能でしょう。

なによりバックライト搭載によるキーボードの美しさは最高です。

トラックパッド搭載

素晴らしすぎるのがトラックパッドを搭載する点です。

iOS 13(iPadOS)よりマウス操作に対応しましたが、これはアクセシビリティとしての機能であくまでもタッチやスクロールなどの簡易操作が行える程度に過ぎませんでした。

今回のトラックパッドはマルチタッチジェスチャーに対応とのことで、Macのような快適なジェスチャー操作が期待できます

側面にUSB-C搭載

iPad2020MagicKeyboard-3

予想外だったのはキーボード側面にUSB-Cが搭載されている点です。

これにより充電時にiPadの側面にケーブルをさす必要がなく、見た目がよりスマートになります。また、USB-C端子が実質2つになるので充電しながらデータ転送といったことも可能となります。

なお、キーボード側のUSB-C端子はパススルー充電とのことなので、おそらく充電のみ可能でデータ転送には対応していません。

iPadが浮く

もうこれらの機能の時点で驚きの連続なのですが、さらにその上をいったのは「iPadが浮くこと」です

フローティングカンチレバーと呼ばれる構造により上記画像のようにiPadが浮いた状態で固定されるのです。これはApple製品に限らず、あらゆるタブレット、あるいはノートパソコンが問題としてきた点ですが、ディスプレイを閉じたり開いたりできても上下には移動できないことがありました。

実はノートパソコンなどでよくある斜め下に視線を落として作業するのは体に負担がかかり、肩こりなどの原因となりやすいとも言われています。そのため、視線を少し上げることが重要な模様。最近はMacBook向けにディスプレイ位置を上げて作業を快適にするスタンドなども発売されるようになりました。

このような製品です↓

それを知っている人にとってディスプレイを浮かせることができるカバーというのはブレイクスルーで、いまだかつてどのメーカーも実現していない偉業です。

さりげなくやっていますが、底知れぬ発想力と優れた技術の賜物と呼べる機能です。

背面にAppleのロゴ付き

iPad2020MagicKeyboard-4

地味に嬉しい変化は背面にAppleのロゴがついたことです。

従来のSmart Keyboardは何もないまっさらなデザインでしたが、今回はロゴがついたことにより一目でApple製品を使ってることがわかるようになりました。ロゴの向きも作業時に正しい向きで見えるようになってます。

カフェなどでドヤ顔したいときに良さげです笑

一世代前のSmart Keyboard Folioもなかなかの完成度で他社にはない構造、デザインを実現していたわけですが、今回のMagic Keyboardはさらにそのはるか上をいっています。

全てが素晴らしい改良で、一体Appleはどこまで進化するんだと驚きを隠せずにはいられません。iPadがノートPCを超える日も近いかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください