2018年4月以降の新iOSアプリはiPhone X対応必須に

iPhone X-22

Appleは本日、開発者向けに2018年4月から新たにAppStoreに登録されるアプリは全てiPhone Xに対応しなければならないことを発表しました。

Sponsored Links

やはり今後はiPhone Xデザインが主流に?

今回の発表内容によれば、2018年4月より登録されるアプリは全てiPhone Xへの対応が必須で、iOS 11 SDKで作成されたものである必要があるとのこと。

最新の開発ツールの使用を促すことで、App Store全体が古くなることを防ぎ、最先端の機能採用の促進が期待できる模様。

なお、今回の内容は2018年4月からの新アプリのみで、既存のアプリには適用されず、既存アプリはiPhone Xへの対応の期限も特に設定されていないようです。

このタイミングで新アプリに対してiPhone Xへの対応を義務化するということは、Appleは今後iPhone Xのような画面上にノッチを備えたデザインを主流にしていくつもりであるということになります。

実際今年のiPhoneは3モデル用意され、全てにFace ID搭載、iPhone Xのようなノッチを備えたベゼルレスな設計になると言われています。

2018年iPhoneは6.5/6.1/5.8インチの3モデルに!?6.1インチは液晶搭載の低価格モデルか
MacRumorsによりますと、Apple製品のリーク情報に定評のあるKGI証券アナリストMing-Chi Kuo氏からの報告として...

おそらく今後しばらくはこのデザインが続くものと思われるので、アプリ開発者はiPhone Xへの対応が推奨されるでしょう。

参考:9to5Mac
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください