次期macOSやiOSの詳細情報が判明!iPadに顔認証機能、MacでiOSアプリ利用可能など

iOS 11-8

Bloombergによりますと、Appleのソフトウェアチームに詳しい人物からの話として「iOS 12」や「iOS 13」、「macOS 10.14」の詳細な情報を伝えています。

Sponsored Links

次期iOS、macOSの詳細情報

情報によりますと、

「iOS 12」は「アニ文字」がFaceTimeで利用可能に、新キャラクターの追加、Face ID搭載のiPadでも利用可能になり、「おやすみモード」に電話などの通知を拒否するオプションの追加、SiriをiPhoneの検索画面に統合、「株価」アプリデザインの変更、iPadでの写真読込機能の再設計、複数人でのARゲームプレイが可能になる機能の追加

「iOS 13」はiPadの新機能を中心としたアップデートで、同一アプリで2画面表示が可能に、Safariのようなタブ表示機能が追加、Apple Pencilの新機能などの追加

「macOS 10.14」はコードネーム「Marzipan」と呼ばれるプロジェクトにてiPhone、iPad、Macで動作するアプリを開発可能になり、iOSアプリを動かすことが可能になるとのこと。動作可能なiOSアプリの中にはHomeアプリなども含まれているとのこと。

また、Appleは毎年行っていた大幅なアップデートのスケジュールを見直し、今後2年間はiPhoneとiPadの不具合修正や一部新機能搭載に力を入れるとのことです。

今回の情報が正しければ、iPadにはやはり顔認証が搭載される見込みで、噂のMacでiOSアプリが動く機能も今年中に搭載される見込みのようです。2019年のiOS 13の情報も流出しており、iPadがより便利になる機能が搭載されるようです。

これは今年6月のWWDCに期待ですね。

参考:APPL.Ch
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください