Time Capsuleは外出先からもアクセス可能!簡単設定方法

f:id:smco:20140208165057j:plain

この記事はTime CapsuleをNAS化していることが前提です。詳しくはこちらの記事で。

Time Capsuleはネットが繋がっていれば外出先からもデータにアクセスがすることができます。しかも設定方法は簡単です。

Sponsored Links

まず「システム環境設定」の「iCloud」で「どこでも My Mac」にチェックを入れます。

f:id:smco:20140211114951p:plain

次に「AirMacユーティリティ」を開きます(アプリケーションの「ユーティリティ」のフォルダの中にあります)。

開いたら「AirMac Time Capsule」を選択し、「編集」をクリックします。

f:id:smco:20140204130244p:plain

開いたら「ベースステーション」を選択し、どこでもMy Macの下にある追加(+)をクリックして、設定します。

f:id:smco:20140211121736p:plain

以上で設定完了です。非常に簡単です。

ちなみにiPhone5以降を持っている場合はテザリングという機能を使えば、携帯回線が繋がっている限りネットに接続できます。

つまり圏外の場所以外ならばどこでもTime Capsuleにアクセス可能に!

外出先からTime Capsuleのデータにアクセスしたいときやデータを保存したいときなどにとても役立ちます。

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    このブログを読ませていただきNAS化挑戦しましたが、できませんでした。アップルサポートにも確認しましたが、time cupsule のNAS化は推奨していませんということでした。残念です…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。