Thunderbolt3の転送速度は40Gbps!?Thunderboltの次期コントローラーの仕様が明らかに

f:id:smco:20140422115309j:plain

VR-Zoneは19日(現地時間)、IntelのThunderboltの次期コントローラーである「Alpine Ridge(コードネーム)」の仕様を公開しました。

 

公開された画像によりますと、PCI-express 3.0に対応し、帯域が現行の20Gbpsから倍の40Gbpsとなり、消費電力も50%削減されるとのことです。

また、最大100Wの電力供給が可能になり、コネクタは現行の4.6mmから約3.0まで薄くなるようです。コネクタは薄くなりますが、現状のコネクタとも下位互換性があるようです。

「Alpine Ridge」の発表は2015年になる見込みです。

 

帯域が40Gbpsで、電力供給が100Wになれば、電源アダプタなしのケーブル1本で4kディスプレイに接続することが可能になりそうです。将来的にはケーブル1本で駆動可能なRetina対応のThunderboltディスプレイの発売などが期待できそうです。

 

参考:気になる、記になる…

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。