iPhone 8はグラフィックス性能が大幅向上したGPU搭載か?AR対応の可能性も

iphone7 A10 chip-1

現行のiPhoneに採用されているGPU「PowerVR」の新シリーズが、開発元のImagination Technologiesより発表されました。

Sponsored Links

グラフィックス性能が大幅向上か

発表されたのは「PowerVR Furian」のアップデート版で、前世代よりはるかに高い計算密度をほこり、グラフィック性能が大幅に向上することが期待できるとのこと。

それはゲームやその他のグラフィックス重視のアプリなどでも発揮されるほか、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)なども実現できるパフォーマンスである模様。

このPowerVR Furianのアップデート版が今年発表されると思われるiPhone 8に採用される可能性は高く、同時にAR対応なども期待できると言われています。

以前の情報でiPhone 8には3Dスキャンを用いた顔認証システムを採用するとの噂がありましたが、この新GPUを利用してそれを実現する可能性が考えれます。

iPhone 8は無線充電やベゼルレス設計、有機ELディスプレイ、画面内蔵ホームボタンなど機能面でかなり注目されていますが、性能面でも画期的な向上が期待できるのかもしれません。

参考:iPhone Maniatom’s guide
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。