iPhone 7、CPU性能は大きく向上するもGPU性能はほぼ変化なし?ベンチマーク比較結果が公開!

Macお宝鑑定団はiPhone 7、iPhone 7 Plusのベンチマーク比較結果を公開しました。

Sponsored Links

GPU性能に大きな変化はない?

同メディアが行ったベンチマークでは、主にCPU性能を測定する「Geekbench 4」主に3D描写性能(GPU性能)を測定する「GFXBench GL」SafariのJavascriptによる処理速度(ブラウザ性能)を測定する「SunSpider 1.0.2 JavaScript Benchmark」が用いられています。

CPU性能:Geekbench

iphone7-bench-3

Geekbenchによるベンチマーク結果を見てみますと、iPhone 7/7 Plusは6s/6s Plusと比較して大きく向上していることがわかります。

7 Plusと6s Plusの比較では7 Plusのほうがシングルコアで約33%、マルチコアで約23%の向上したスコアとなっています。

GPU性能:GFXBench GL

iphone7-bench-4

※OpenGL ES 3.0、OpenGL ES 2.0はオンスクリーン(機種ごとの解像度で測定)、1080p Offscreenはオフスクリーン(1080pの共通の解像度で測定)となっています。

GFXBench GLによるベンチマーク結果を見てみますと、iPhone 7/7 Plusは6s/6s Plusと比較して特に大きな変化のないスコアとなっていることがわかります。

OpenGL ES 3.0のスコアにおいてはiPhone 7は6sより約1%向上、7 Plusは 6s Plusより約12%向上にとどまっています。

ちなみにOpenGL ES 3.0のスコアで最も高いのはiPhone SEという結果となっています。

ブラウザ性能:SunSpider

iphone7-bench-5

SunSpiderによるベンチマーク結果を見てみますと、iPhone 7/7 Plusは6s/6s Plusと比較して確実に速くなっていることがわかります。

7 Plusと6s Plusの比較では7 Plusのほうが約20%速いスコアとなっています。

iPhone 7/7 Plusは公式では6sとの比較でCPU性能が最大40%、GPU性能が最大50%向上したと言われていますが、今回のベンチマークではCPU性能は最大33%、GPU性能は最大12%向上となり、思ったよりもGPUのスコアが伸びない結果となりました。

とは言え、もうすでにかなり性能が高くなっているiPhoneですので、おそらくその性能に不満を持つ人はもうほとんどいないことでしょう笑

むしろA10 Fusionチップによる省電力効果により、バッテリー持ちが長くなるメリットの方が多くのユーザーにとって恩恵を受けるものと思いますので、iPhone 7は省電力効果のほうに期待したほうがいいのかもしれません。

参考:Macお宝鑑定団
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。