10.5インチiPadはすでに量産中?やはり6月のWWDCにも発表か

iPad Pro-16

DigiTimesによりますと、複数の情報源よりAppleは10.5インチiPadを3月〜4月の時点で量産を開始していると伝えています。

Sponsored Links

やはり6月のWWDCで発表か?

情報によりますと、最近10.5インチiPadのサプライヤーの月間出荷台数が増加しており、現在50万台なのに対し、7月には60万台に増加する見込みであるとのこと。

予測では3月〜4月の時点で10.5インチiPadが量産されているとのことで、6月5日のWWDC 2017にて発表されることが期待されています。

10.5インチiPadのほかに発表が噂されている12.9インチiPadは今のところ量産スケジュールは明らかではないようで、6月に量産されるのではと予想されています。

また、iPad mini 4はラインナップから除外され、最近発表された安価な9.7インチiPadに置きかわるとも予想されています。

今回の情報通り3月〜4月の時点で10.5インチiPadが量産されているとするならば、6月5日のWWDC 2017で発表される可能性は高そうです。

もともと10.5インチiPadは3月〜4月に発表されるのではと噂されており、量産も近々始まるとのことだったので、6月のWWDCで発表されるのは妥当なものだと思われます。

参考:iPhone Mania
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。