iPhone 12シリーズのノッチは11よりごくわずかに小型化している

iPhone 12シリーズが発表され、iPhone 11シリーズより明らかにベゼル(画面周りのフチ)が細くなりましたが、ノッチ(画面上の出っ張り部分)はパッと見た限り特に変化はないように見えます。

しかし、よくよく比較してみたところごくわずかに小型化していることが判明しました。

今回はその詳細を語っていこうと思います。

iPhone 12と11のノッチ比較

今回比較しているのは6.1インチiPhone 12と同じ6.1インチiPhone 11です。

ノッチの大きさは全モデル共通なので、一番比較しやすいこの2機種を選びました。

まずこちらがiPhone 11のノッチ部分です。

iPhone 11はiPhone 11 Proモデルと違い、ベゼルが太めでしたが、ノッチサイズは共通です。

次にこちらがiPhone 12のノッチ部分です。

明らかにベゼルは細くなっていますが、ノッチ部分は大差ないように見えます。

こちらがiPhone 11の上にiPhone 12を重ねた画像です。

よくよく見てみますと、ノッチ周りがわずかに縮小していることがわかります(半透明部分)

また、画面角のカーブも微妙に変化しています(iPhone 12の方がカーブが緩やか)

 

ノッチはごくわずかに縮小した

この結果からiPhone 12のノッチ部分はごくわずかに縮小していることが判明しました。

だからといっていまだ画面上部に大きなノッチがあることには変わりはないですが、縮小していないよりはマシでしょう。

この結果は6.1インチiPhone 12だけでなく、他のiPhone 12シリーズでも同様だと思われます。

iPhone 11以前のモデルでよくあったノッチに合わせて作られた壁紙などを使用している方はiPhone 12では多少ずれることは意識しておいた方が良いでしょう。

 

公式オンラインショップからのiPhone 12のご購入はこちら
▶︎ au / ドコモ / ソフトバンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました