2021年のiPhone SE Plus、ディスプレイ内蔵指紋認証でノッチレス実現か?

iPhoneSEPlusConcept

svetapple.skによりますと、次期iPad Air(2020年モデル)がディスプレイ内蔵指紋認証を搭載し、2021年初めに発売と言われるiPhone SE Plus(仮)もこの技術を用いられるのではと予想しています。

Sponsored Links

ノッチレスデザインを実現か?

過去の情報によれば、iPhone SE Plusは側面にTouch ID(指紋認証)が搭載されると言われていましたが、同メディアでは画面から見えない位置に指紋認証を設置するのは人間工学的にやや使い勝手が悪いものであるとしています。

また、次期iPad Airがディスプレイ内蔵の指紋認証を搭載することを考えますと、iPhone SE Plusにもその技術を流用した方が開発コストがかからず、人間工学的にも理にかなっていることからディスプレイ内蔵指紋認証を搭載するのではと推測しています。

画面サイズは6.1インチで現行iPhoneのようにベゼルが細いデザインを採用するとのことですが、Touch ID(指紋認証)がディスプレイに内蔵されれば、Face ID(顔認証)を搭載する必要がなくなり、上記画像のようにノッチをなくしたデザインにすることが可能であるとしています。

今回の予測通りであれば、2021年初めに発売と言われるiPhone SE Plusは2020年のiPhone 12でも実現できないノッチレスデザインを初めて実現するiPhoneということになります。

過去の情報では同モデルはiPhone SEの後継モデルで、低価格な位置付けになるようなので、より完成されたデザインをより低価格に手に入れることができることになりますが、果たして本当に実現できるのかどうかは不明です。

参考:svetapple.sk
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください