2018年iPhone詳細情報流出!6.5型は8 Plusと同等サイズ、1242×2688解像度採用など

iPhone 2018 Concept-1

Bloombergは2018年iPhoneに関する詳細な情報を伝えています。

Sponsored Links

6.5型モデルは8 plusと同等サイズか

新型iPhoneの開発に詳しい人物からの話によれば、6.5インチモデルはD33というコードネームで呼ばれており、1242×2688ピクセルの画面解像度を採用、同等かより高価な有機EL技術が搭載されているとのこと。

画面サイズは6.5インチながら縦長のベゼルレス設計により5.5インチのiPhone 8 Plus並の本体サイズになる模様。また、デュアルSIMを採用、画面分割機能にも対応する可能性があるとのこと。

スペックは5.8インチモデルとともにより高性能なA12チップを採用し、新たにゴールドカラーの追加が検討されているとのこと。

低価格モデルとなる6.1インチモデルは側面がアルミ、背面はガラス製のiPhone 8に近いデザインとなる見込みのようです。

今回の情報では6.5インチモデルを中心に2018年iPhoneに関する新たな情報が多く公開されています。

個人的に期待なのが画面分割機能で、もしこれが搭載されるのならばiPadがいらなくなる可能性も考えられますね。その他、6.5インチモデルはデュアルSIM対応や1242×2688ピクセルの高精細ディスプレイ採用など魅力的な要素も多いです。

低価格の6.1インチモデルはこれまで金属筐体になると言われていましたが、今回の情報では背面はガラス製とのことで、ワイヤレス充電対応も期待できるかもしれません。

2018年iPhoneは5.8/6.1/6.3インチの3モデルで、6.1インチは金属筐体に?
Nikkei Asian Reviewによりますと、Apple製品設計の関係者からの話として、2018年に発売される次期iPhone...

参考:Bloomberg
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。