交換対象のiPhone 6 PlusがiPhone 6s Plusになって戻ってくる?社内文書が流出

iPhone6s-1

MacRumorsによりますと、Apple認定サービスプロバイダに配布されている社内文書より本体の交換が必要なiPhone 6 PlusがiPhone 6s Plusに交換される可能性があることが判明しました。

Sponsored Links

本体交換で6から6sにアップグレード!?

情報によれば、この交換は2018年3月末まで行われる可能性があるとのことで、iPhone 6 Plusが現在製造されていないために在庫が少ないことからこうした交換が行われるものと思われます。

Appleは交換対象となるiPhone 6 Plusについて特に指定していませんが、Apple認定プロバイダによればディスプレイやバッテリー、スピーカー、背面カメラ、Taptic Engineは個別の交換が可能なものの、Lightning端子、ロジックボードの不具合、その他部品の修理が必要な場合は本体交換の対象となるとのこと。

この交換が日本でも行われるかは不明ですが、修理が必要なiPhone 6 Plusをお持ちの方は試しにAppleストアへ行ってみるといいかもしれませんね。

参考:気になる、記になる…
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください