次期iPhoneにジャパンディスプレイの0.5mmベゼル液晶が採用か?3モデルの可能性高まる

JDI Fullactive-1

時事ドットコムによりますと、ジャパンディスプレイの新型液晶「フルアクティブ」が次期iPhoneに採用される見通しとなったことが判明しました。

Sponsored Links

ベゼル幅0.5mmの液晶採用か

ジャパンディスプレイの新型液晶「フルアクティブ」はディスプレイの周りのベゼル(縁)が0.5〜0.6mm幅に細くなっているのが特徴で、すでにXiaomiの「Mi MIX 2」にて採用されています。

有機ELより製造コストが安く、大画面化にも柔軟に対応できることが採用の決め手となったとのこと。

今年の新型iPhoneは3モデル展開になると言われていますが、そのうち1つのモデルが低価格な液晶モデルになるという情報があり、今回の情報でその信ぴょう性が高まったこととなります。

2018年iPhoneは6.5/6.1/5.8インチの3モデルに!?6.1インチは液晶搭載の低価格モデルか
MacRumorsによりますと、Apple製品のリーク情報に定評のあるKGI証券アナリストMing-Chi Kuo氏からの報告として...

やはり2018年iPhoneは5.8/6.3〜6.5インチ有機EL搭載モデルと6.1インチ液晶搭載の低価格なモデルが登場する可能性が高そうですが、気になるのは6.1インチモデルにどれだけ需要があるのかという点です。

過去の情報では6.1インチのみ金属筐体となり、他モデルと差別化されるようですが、金属筐体の方が良いという人はあえてこちらのモデルを選ぶということもありそうです。

2018年iPhoneは5.8/6.1/6.3インチの3モデルで、6.1インチは金属筐体に?
Nikkei Asian Reviewによりますと、Apple製品設計の関係者からの話として、2018年に発売される次期iPhone...

参考:気になる、記になる…

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。