iPhone Xユーザーは注意!有機ELディスプレイで23日間同じ画面を表示し続けるとこうなる

iPhone X burnin-1

韓国Cetizenは、有機ELディスプレイのiPhone X、Galaxy S7、Galaxy Note 8にて23日間同じ画面を表示し続け、有機EL特有の現象”焼き付き”をテストした結果を公開しました。

Sponsored Links

iPhone Xの焼き付きは比較的軽減されている

このテストでは有機ELを採用するiPhone X、Galaxy S7、Galaxy Note 8にて23日間同じ画像を表示し続け、その後の焼き付き具合が比較されています。

iPhone X burnin-1

上からGalaxy S7、iPhone X、Galaxy Note 8

グレーの画面を表示した比較では、上記画像のようにどのデバイスも前に表示し続けた画像がうっすらと見える”焼き付き”現象が確認できますが、Galaxy S7やiPhone Xは比較的”焼き付き”現象が軽減されていることがわかります。

iPhone X burnin-2

iPhone Xのカメラでグレー背景を撮影した画像

しかし、この状態でグレーっぽい背景を写すと残像がはっきり見え、明らかにカメラ撮影の弊害となっています。

今回のテスト結果は焼き付きが起こりやすい極端な色合いの画像を用いて23日間同じ画像を用いて検証された結果であるため、普通に使用してこのような焼き付きが起こる可能性は低いものと思われますが、iPhone Xで長時間同じ画像を表示し続けるのは避けたほうが良いのは確かでしょう。

AppleはiPhone Xの有機ELは業界最高レベルの”焼き付き”現象の低減を目指したと述べており、実際にそれを実現していることが上記の比較画像からもわかりますが、それでも”焼き付き”が起こることは有機ELの性質上避けられません。

iPhone Xのディスプレイはこの点に注意して使用した方が良いでしょう。

参考:気になる、記になる…Cetizen
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。