2018年iPhoneはバッテリー容量が10%向上し、新型TrueDepthカメラ採用か

iPhone 2018 Leak-1

MacRumorsによりますと、KGI証券のMing-Chi Kuo氏からの情報として2018年iPhoneは現行のiPhone Xよりバッテリー容量が10%向上すると伝えています。

Sponsored Links

容量向上の理由は新型TrueDepthカメラのため?

iPhone X Teardown-4

iPhone XのL字バッテリー(画像参考:iFixit

情報によりますと、Appleは2018年に発売する5.8インチiPhoneのためにより効率的な1セルバッテリーを開発しており、その大量生産が間に合えばバッテリー容量は現行のiPhone Xの2716mAhから2900〜3000mAhまで向上するとのこと。

また同時に発売すると思われる6.5インチモデルは現行のiPhone Xと同じくL字型の2セルバッテリーを採用する見込みで、6.5インチモデルのバッテリー容量は3300〜3400mAhになると述べられています。

バッテリー容量増加の理由として顔認証を行うTrueDepthカメラが新たなものになり、より多くの電力を必要とするためとしています。

iPhone XはL字型の2セルバッテリー採用により大幅なバッテリー容量の向上を実現していますが、2018年iPhoneでは以前の1セルバッテリーに戻り、さらにバッテリー容量と駆動時間が向上するようです。

気になるのはより電力を消費する新型TrueDepthカメラを採用するとのことですが、より電力を消費するということはそれだけ顔認証の精度が高まることが期待できるということでしょうかね。

できることならiPhone Xでマスクをしていると顔認証できない問題を改善してほしいところですね。

参考:MacRumors
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。