楽天、第4の携帯会社に!?携帯料金の変革に期待!

rakuten mobile-1

日本経済新聞によりますと、楽天は2018年1月にも総務省に携帯電話向けに割り当てる電波の取得を申請する方針を固めたことが判明しました。

Sponsored Links

携帯料金の変革に期待!

楽天モバイルは現時点で自社で基地局を持っていないMVNOとなっていますが、2025年までに最大6000億円を調達し、基地局を整備することで第4の携帯会社となることを目指すようです。

日本経済新聞によれば、2019年度中にもサービスを開始する予定であるとのこと。

これまでdocomo、au、SoftBankの3社が携帯電話市場を寡占していましたが、ここにきてまさかの楽天の参入となりました。

楽天は最近破綻寸前だったMVNOのFREETEL(フリーテル)を買収し、話題となりましたが、この買収も第4の携帯会社として参入するためだったと考えますと納得です。

この参入で期待できるのは大手3社の携帯料金が高い現状をどうにかしてくれるのではということです。そのために期待されていたMVNOもあまり好調ではない状態なので、楽天が携帯会社として基地局を持ち、改善された携帯料金プランを出してくれることに期待ですね。

参考:日本経済新聞すまほん
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください