「OS X Yosemite 10.10.4」が正式リリース!Wi-Fiの不具合が大幅に改善へ

OS X Yosemite2

Appleは「OS X Yosemite 10.10.4」と「Apple Music」に対応したiTunesを正式にリリースしました。

Sponsored Links

アップデート内容

OS X 10.10.4-1

  • ネットワーク機能の信頼性を向上
  • 移行アシスタントの信頼性を向上
  • 一部の外部モニタが正しく機能しない問題を解消
  • iPhotoライブラリやApertureライブラリを写真用にアップグレードする時の信頼性を向上
  • 写真やビデオをiCloudフォトライブラリに同期する時の信頼性を向上
  • 一部のLeica DNGファイルを写真に読み込むとアプリが突然終了する問題を解消
  • メールでメールメッセージの送信に時間がかかる事がある問題を解消
  • SafariでJavaScriptに関する警告が繰り返し表示され、そのウェブサイトから移動出来なくなる問題を解消

Wi-Fiの不具合が大幅に改善

今回のアップデートではOS Yosemiteにアップデートされて以降長い間言われてきたWi-Fiの不具合が大幅に改善されています。

ネットワークの不具合で問題となっていたのは「discoveryd」というプロセスによるものだったとのことですが、今回このプロセスが削除され、Yosemite以前のOSで採用されていた「mDNSresponder」に変更することにより、不具合を大幅に改善したようです。

これにより、Wi-Fiの接続の不具合だけでなく、CPUリソースやバッテリーの消費なども改善されるものと思われます。

今回のアップデートはYosemiteユーザーにとって待ちに待ったアップデートになりそうです。今まで問題となっていたWi-Fiの不具合やその他多くの不具合が修正されているので、Yosemiteユーザーはアップデートが推奨されるでしょう。

参考:iPhone Mania
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。