iPhone 8の発売はやはり10月〜11月に延期?曲面有機ELに関する技術的問題が原因か

iphone8 concept-18

Digitimesによりますと、台湾メディア経済日報からの情報としてiPhone 8の発売は10月〜11月に延期する可能性があると報じています。

Sponsored Links

曲面有機ELに関する技術的問題が原因か

情報によりますと、3D画像認識フロントカメラを統合した曲面有機ELを本体と圧着するプロセスにおいて技術的な問題が発生しているとしており、これにより発売が9月から10〜11月に変更されるだろうとのこと。

発売延期に関しては以前にも独自開発の指紋認証が原因で遅れると言われており、様々な革新技術が詰まっていると言われていることからも延期になるのは妥当なものだと考えられます。

それよりも気になるのは3D画像認識フロントカメラを曲面有機ELに統合するという話です。

「統合する」というのはこれまでのように本体上部にカメラを設置するという話ではなく、ディスプレイ内にカメラを設置するという話だと思われますので、やはり噂通りに左右上下のベゼルがほぼない完全ベゼルレスディスプレイを目指していることが推測できます。

個人的にはiPhone 7よりも横幅がコンパクトで、大画面となったiPhone 8に期待しているので、本当にそれが実現される可能性があるかもしれません。

イメージとしてはこんな感じです↓

Galaxy S8のベゼル幅から予想するiPhone 8の本体サイズ
つい先日Galaxy S8が正式に発表されましたが、やはり噂通りに左右のベゼルがほとんどなく、上下のベゼルも限りなく縮小されたほぼベゼルレス...

iPhone 8の発売が楽しみですね^_^

参考:DigitimesiPhone Mania 画像参考:ComputerBlid
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。