iPhone 8は新センシング技術を用いた曲面OLEDディスプレイ搭載か!?

iphone7-galaxy-s7

The Korea Heraldによりますと、関係者からの話としてiPhone 8は新たなセンシング技術を採用した曲面OLED(有機EL)ディスプレイを搭載しているとのことです。

Sponsored Links

OLEDの供給はSamsungか?

情報によりますと、AppleはSamsungに曲げることが可能なプラスチック製OLEDを発注したため、曲面ディスプレイを搭載するだろうと予測されています。

Samsungが提供するOLEDは年間7000万〜1億台と推定され、iPhoneの年間販売数である約2億台の半分にあたるとのことです。

この生産能力からも2017年のiPhone 8に採用されるOLEDはSamsungが生産するだろうとのことです。

また、同時に発売され、液晶パネルが採用されるとみられるiPhone 7sはLG Displayとジャパンディスプレイが生産するとのことです。

新センシング技術で側面を活用か?

iPhone 8に搭載されると言われる新センシング技術ですが、情報では側面に触れるだけで電話に応答できるようになる可能性があるとのことです。

ただし、この技術を採用しない可能性もあると述べられており、実際に搭載されるかどうかは未定のようです。

以前に2017年のiPhoneはiPhone 7sのみのマイナーアップデートになるという情報がありましたが、今回の情報ではやはりiPhone 8も2017年に発売されるようです。

新センシング技術を採用することで同じく曲面ディスプレイを搭載するSamsungのGalaxy s7 Edgeとの差別化をはかるとのことで、機能面でも大きな進化が期待できるかもしれません。

参考:iPhone ManiaThe Korea Herald
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。