iPhone 8はハイエンドモデルに5.8インチ搭載もタッチ可能域は5.2インチになる?

iphone8 concept-10

9to5Macによりますと、KGI証券のレポートより次期iPhoneことiPhone 8はハイエンドモデルに5.8インチのベゼルレスディスプレイを搭載しながらもタッチ可能領域は5.2インチになると伝えています。

Sponsored Links

4.7/5.5インチ後継iPhoneも準備中

情報によればハイエンドの5.8インチiPhoneは筐体の再設計と有機EL搭載が見込まれており、ディスプレイにホームボタンが統合された全面ベゼルレスディスプレイを実現しているとのこと。

液晶ディスプレイを搭載した4.7/5.5インチの後継iPhoneも用意され、デザインは現行モデルに似ているもののガラス製筐体を採用する可能性が高いとのことです。

また、5.5インチiPhoneに搭載されているデュアルカメラには、現行の広角レンズだけでなく、望遠レンズにも手ぶれ補正が搭載される見込みのようです。

今回の情報では、iPhone 8ではハイエンドモデルとして有機ELディスプレイの5.8インチモデル、ローエンドモデルとして液晶ディスプレイの4.7/5.5インチモデルの合計3モデルが用意されるようです。

有機ELディスプレイがハイエンドのみに絞られている理由は有機ELの供給がSamsungだけになるようで供給量の限界があるためのようです。

タッチ可能域が5.8インチ中5.2インチになるとのことですが、これは技術的な問題なのか意図してそのようにしているのかが気になるところですね。

参考:気になる、記になる…9to5Mac
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。