これは欲しい!!ポケットサイズなのに「Windows10」が使える8.2型PC「KS-PRO」が登場!

KS-PRO-1

これは欲しい!

クラウドファンディングのIndiegogoにて、Snapdragon 835を搭載し、Windows 10をフル機能で動かすことができる「KS-PRO」が登場しました。

Sponsored Links

ポケットサイズでキーボードも搭載!

KS-PRO-3

KS-PROの主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Windows 10
  • CPU:Snapdragon 835
  • GPU:Adreno 540
  • ディスプレイ:8.2インチ有機EL、WQHD(2560×1440)、タッチ対応、Gorilla Glass 3
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB
  • 前面カメラ:1200万画素
  • 通信機能:3G/4G LTE通信対応、Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0、GPS
  • インターフェイス:USB-C×2、USB 3.0、ヘッドフォンジャック、microSDカードスロット(最大256GB)、Nano SIMスロット
  • バッテリー容量:10,307mAh
  • バッテリー駆動時間:12時間
  • その他機能:指紋認証、NFC
  • サイズ:246×150×16mm
  • 重さ:640g

大きな特徴はなんと言ってもポケットサイズなのにWindows 10のフル機能が使えるという点でしょう。CPUはARMのSnapdragon 835ですが、ARM対応Windows 10が近々リリースすることを見据えたものとなっているようです。

スペックは解像度が2560×1440の8.2型有機EL、メモリが8GB、ストレージが128GBとこのサイズにしてはかなり高めのもので申し分なし。また、トラックポイント付きのキーボードを搭載し、トラックポイントには指紋認証も内蔵されています。

バッテリー駆動時間は12時間とかなり長めで、重さも640gとPCとしては持ち運びに苦労しない重さとなっています。その上、USB-C×2、フルサイズUSB 3.0搭載などインターフェイスの面でも完璧なスペックです。

ちなみに筐体はCNC加工のマグネシウム合金採用とかなり本格的なものとなっています。

以下は商品紹介動画です。

素晴らしいのはなんと日本語版が用意されていることで、キーボードが日本語配列に対応したものとなっています。また、日本語版ではバッテリー容量を2倍にする専用ケースがついており、推奨小売価格よりも250ドルお得とのこと。

価格は600ドルで2018年1月に出荷予定となっています。

ちなみにAndroid 7 Nougatを搭載した「KS-PROID」という製品もあり、こちらは450ドルで2017年11月に出荷予定とのことです。

クラウドファンディングのわりにやたらと高クオリティな製品ですが、この製品を開発しているのは元マイクロソフトの従業員とのことで、クオリティが高いのも納得です笑

これはわりと本格的に欲しいと思える製品ですね。

参考:PC Watch
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。