待望のAtom x5、メモリ4GB、USB-C搭載8インチWindowsタブレット「Venue 8 Pro 5000」がDellより発売!

Venue 8 Pro 5000-1

Dellから期待のAtom x5、メモリ4GB、USB-Cの8インチWindowsタブレット「Venue 8 Pro 5000」が登場しました!

Sponsored Links

8インチの小型サイズでノートPC並の性能が期待できる!

Venue 8 Pro 5000-2

「Venue 8 Pro 5000」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Windows 10/8.1
  • CPU:Atom x5 Z8500
  • メモリ:2GB/4GB
  • ストレージ:32/64GB eMMC
  • ディスプレイ:8インチ、1280×800/1920×1200ピクセル
  • インターフェイス:USB 3.0 Type-C(Thunderbolt 3対応)、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1、microSDXC(128GB対応)カードスロット、Micro-SIMカードスロット、音声入出力端子(3.5mmイヤホンジャック)
  • 本体サイズ:約130×216×9.45mm(幅×奥行き×高さ)
  • 重量:約377.1g
  • バッテリー容量:19.5Whr

8インチタブレットながら最大4GBメモリを搭載し、Atom x5 Z85001920×1200ピクセルのディスプレイ、USB-C搭載(しかもThunderbolt 3対応)と比較的高性能なものとなっています。

なによりOSにWindowsを搭載しているので、iPad miniと同じサイズでありながらノートPCと同じような作業をすることが可能となります。

気になる価格は最安モデル41,980円高性能モデルでも46,980円と性能の割にかなり安めとなっており、Dellならではの高性能ながらコスパに優れた製品と言えるでしょう。

参考までに10インチ、Atom x7、メモリ4GBのSurface 3は88,344円(税込)となっています。

小型で高性能なタブレットがほしいと思っていた人にとっては待望のタブレットとなりそうです。

自分がかつて使っていたlenovoのmiix 2 8はただネットを使う分には普通に使えましたが、ブログ編集などを行うにはやや性能不足感がありました。そういった意味ではAtom x5でメモリ4GBを搭載できるこの製品はまさに最適なタブレットだと思います。

購入はDellの公式サイトから行えるようなので、気になる方はそちらからどうぞ。

関連記事

Atom x7-Z8700、x5-Z8500、x3-Z8300のCPU、GPU性能比較
今回はSurface 3などに搭載されている最新世代Atom「Cherry Trail」のx7-Z8700、x5-Z8500、x3-...
MacBook、iPadユーザーが8インチWindowsタブレット「Miix 2 8」を売ることに決めた理由
以前の記事とは真逆のタイトルですw 買って約10ヶ月が経った8インチWindowsタブレット「Miix 2 8」ですが...
lenovoの8インチWindowsタブレット「Miix 2 8」の性能を測定して比較してみた
  今回はLenovoの8インチWindowsタブレット「Miix 2 8」はどれほどの性能なのか測定するためにベンチマークテストを行い、...

参考:DellPCwatch
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。