これは面白い!キーボードにPCが内蔵されたキーボードPC「Vido T20」が登場

Vido T20-1-

なかなか面白いPCが登場しました。

この「Vido T20」というPC見た目はただのキーボードですが、なんと中にPCが内蔵されています。

つまりこのキーボード単体でPCの役割を果たす「キーボードPC」として使うことができます。

Sponsored Links

スペック

OS:Windows10 & Android4.4

CPU:Atom Z3735F

RAM:2GB

ストレージ:32GB

ネットワーク:802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0

インターフェイス:USB×2、有線LAN、Micro HDMI、VGA、ヘッドホンジャック、電源ジャック

サイズ:28.7 x 12.5 x 2.65 cm

重さ:306 g

CPUはAtom Z3735F、メモリは2GB、ストレージは32GBと最近の小型タブレットPCと同じようなスペックとなっています。

インターフェイスはUSB×2に有線LAN、Micro HDMI、VGA、ヘッドホンジャックとけっこう豊富です。

注目なのが、OSがWinodws10とAndroid4.4のデュアルブートである点です。

これにより、WindowPCとしてもAndroidとしても使うことができます。

デザイン

Vido T20-2

デザインはシンプルで悪くないデザインです。

キーボードはUS配列となっており、キーボード右下にタッチパッドと思われるスペースがあります。

背面の出っ張り部分にPCが内蔵されているものと思われ、インターフェイスもこちら側に集中しています。

価格

このPCの価格は海外通販サイトGEARBESTにて159.32ドル(約1万9700円)と最近のタブレットPCやスティックPC並の安さとなっています。

購入は上記サイトにて行うことができますので、興味のある方はそちらのサイトからどうぞ。

このPCはキーボード一つ分のサイズで、重さは306gと軽量なので、持ち運びは非常に楽です。

キーボードもタッチパッドもありますので、わざわざマウスやキーボードを持ち運ぶ必要もありません。

ただ、見ての通りディスプレイを備えていませんし、バッテリーも内蔵していないので、使う際にはVGAやHDMIに対応したディスプレイを用意し、電源が確保できる場所で使う必要があります。

ディスプレイと電源が必要と状況が限られるこのPCですが、使い方によっては意外と便利に使えるPCとなるかもしれませんね。

参考:ウインタブ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。