衝撃の事実!Windowsのウイルス対策ソフトは純正以外はむしろ害悪!?

Microsft Security Essentials-1

Mozillaの元開発者ロバート・オカラハン氏の情報によりますと、Windowsのウイルス対策ソフトは純正のマイクロソフト社以外はむしろ害悪で入れるべきでないと明かしています。

Sponsored Links

バグのせいでむしろウイルスが侵入しやすい?

同氏によりますと、ウイルス対策ソフトでセキュリティが向上するという証拠はほとんどないとのことで、むしろウイルス対策ソフトに含まれるバグのせいで攻撃経路が作られているとのこと。

実際、GoogleのProject Zeroではウイルス対策ソフトにいくつもバグがあることが発見されているようです。

ただし、マイクロソフト純正のウイルス対策ソフト「Microsft Security Essentials」だけは例外的に優秀だったとのこと。

大半のウイルス対策ソフトはむしろ害悪だという事実は本当だとしたら衝撃です。

たしかにウイルス対策ソフトというのはあくまで対策をするというだけであり、ウイルス対策ソフトを入れていてもウイルスに感染するときは感染します。その上大半のウイルス対策ソフトはPCへの負荷も高いため入れているだけでもPCの動作を遅くしてしまうという欠点があります。

その点マイクロソフト純正のウイルス対策ソフトは優れていて、以前にその使い勝手を検証したこともありましたが、ウイルスをリアルタイムに保護できて、PCへの負荷もかなり少ないという優秀な結果となっていました。

詳しくは以下の記事を見てみるとよいでしょう(Windows 8以降では「Microsft Security Essentials」の名称が変わっており、「Windows Defender」となっています)

Windows8以降はウイルス対策ソフトは必要ない?標準搭載のWindows Defenderで十分だと考える理由
「Windows Defender」というソフトをご存知でしょうか? あまり知られていないようなのですが、実はこのソフトWin...

もともと入っているソフトなので、無料で設定することができるので、設定しておいて損はないウイルス対策ソフトだと思います。

設定方法はWindows 8ですが、おそらくWindows 10でもできる以下の方法が参考になると思います。

Windows8/8.1に標準搭載のウイルス対策ソフト「Window Defender」を設定する方法
以前購入したMiix 2 8に入っていたウイルス対策ソフトのマカフィーの期限が切れてしまったので、Windows8以降に標準搭載のウ...

参考:GIGAZINE
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。