これは改悪…Microsoft、「OneDrive」の無料容量を15GBから5GBにし、容量無制限廃止へ

OneDrive-1

Microsoftは同社が提供するクラウドストレージサービス「OneDrive」のプランの内容を変更しました。

Sponsored Links

無料容量は15GB→5GB、容量無制限は廃止へ

プラン変更内容は以下の通りです。

  • 「Office 365 Home, Personal, University」ユーザー向けの無制限の容量の提供を終了し、上限1TBに制限へ
  • 100GB、200GBのプランが廃止され、50GBで1.99ドル/月のプランを導入へ
  • 無料で利用できる容量が15GBから5GBへ

現在、この変更後の容量以上を利用している人は1年間の間は以前の容量のまま利用できるとのことです。

また、100GBや200GBなど有料の容量プランを利用している人はそのまま利用可能のようです。

今回の変更が行われた理由としてMicrosoftは無制限の容量を利用している一部のユーザーが75TB以上利用しているという極端なバックアップの状況に焦点を当て、多くのユーザーに利益をもたらす付加価値の高い生産性とコラボレーションエクスペリエンスを提供するためだとしています。

無制限の容量を提供するということは誰かが極端にデータを保存するかもしれないということを想定できなかったんですかね。

無料の人も10GB減るというかなりの改悪となっています。

参考:気になる、記になる…OneDrive
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。