Windows10が無償で配布開始!しかし優先順位がある模様

Windows10 release

Windows10がついにキタ!

マイクロソフトは本日Winodows10を無償で配布を開始し始めました。しかし、今日配布されるのは一部の人で、全員受け取れるわけではないようです。

Sponsored Links

Windows10アップデートの優先順位

Windows10のアップデートには優先順位があり、人によって受け取れる順番が違います。これは大量のユーザーがいるWindowsの一斉アップデートによる混乱を防ぐためのものでしょう。

優先順位が決まるのは以下の4つです。

  • Windows Insider Program参加者(優先度1)
  • Windows10アップデートを予約した人(優先度2)
  • Windows10アップデートを予約していない人(優先度3)
  • 手動で更新する人(上級者向け、優先度?)

Windows Insider Program参加者(優先度1)

Windows Insider Programの参加者とはWindows10のテクニカルプレビュー版を使用しているユーザーのことです。このプログラムに参加している人は最も優先度が高く、今日からアップデートできるでしょう。

Windows10アップデートを予約した人(優先度2)

次に優先されるのはアップデートを予約した人です。

Windows 7(SP1)/Windows 8.1 Updateを搭載するPC、タブレットで、Windows Updateに追加された「Get Windows 10」アプリや、Windows Updateからアップデートを予約した人のみが対象です。

アップデートの準備が出来次第、必要なファイルがダウンロードされ、アップデート出来る状態になったら通知が表示される模様です。

ただ、メーカーやデバイスによっては互換性の問題から遅れる可能性があり、最大で数週間かかる可能性があるとのことです。

Windows10アップデートを予約していない人(優先度3)

おそらく予約していない人が大半であると思いますが、その場合はWindows10へはアップデートされないようです。

無料アップデートをすすめる通知がくる可能性もあるようですが、はやめにアップデートしたいなら公式サイトからの予約か手動でのアップデートが必要そうです。

手動で更新する人(上級者向け、優先度?)

Windows10へのアップデートを自分で行いたいという人は手動でアップデートする方法があります。この方法は互換性に関係なく行えるものなので、場合によってはなにかしらの不具合が生じたり、データが破損する可能性もあります

そのため行う場合はバックアップが必須となるでしょう。

現状手動アップデートに関しては公式サイトの公開次第といったところです。

以上がWindows10アップデートの優先順位となります。予約していない人でアップデートをしたい場合は公式サイトからの予約を行うといいでしょう。

ちなみにWindows10はアップデートして31日以内であれば、直前の状態に戻すことが可能であるとのことです。方法は順次公式サイトに公開されるでしょう。

参考:ITmedia
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>