Snapdragon 835搭載Windows 10PCの性能はSurface 3並か?ベンチマークが流出

Surface 3-3

ベンチマークサイトGeekbenchにてARM版Windows 10を搭載したPCと思われるベンチマークスコアが登場しました。

Sponsored Links

Surface 3並の性能か

情報によれば、10月下旬ごろから同サイトにてWindows 10 Proを搭載した「Qualcomm CLS」というプロセッサを搭載するデバイスのベンチマークが次々と公開されたとのこと(現在は削除されたのか検索しても結果が出てこない状態です)

この「Qualcomm CLS」の正体は不明ですが、今年末にも発表されるARM版Windows 10搭載PCに採用される見込みの「Snapdragon 835」のスコアではないかと推測されます。

そのWindows 10搭載の「Qualcomm CLS」のベンチマーク結果がこちら

Windows 10 ARM Bench-1

このスコアはSurface 3などに搭載される「Atom x7-Z8700」に近く、これよりやや高めのスコアとなっています。

Windows 10 ARM Bench-2

最新の第8世代「Core i3-8100U」のスコアと比較するとさすがに大きく劣っています。

Windows 10 ARM Bench-4

ちなみにSnapdragon 835搭載のAndoroid端末(Galaxy S8)のスコアがこちら

Windows 10 ARM Bench-3

こちらのスコアはWindows 10搭載Qualcomm CLSより高いスコアとなっています。

スコアだけ比較しますと以下のようになります。

Windows 10 ARM Bench-5

この結果から考えるにSnapdragon 835搭載のARM版Windows 10PCはSurface 3よりちょっと高めの性能を実現するものと思われます。

Surface 3のAtom x7と大きく異なるのはその消費電力と発熱の圧倒的な少なさで、スマホサイズでもSurface 3並に実用的な性能を実現可能になることが期待できます。

これによってPCのスタイルにまた新たな革命が起こる予感です。

これは革命!Snapdragon 835搭載Windows 10 PCは「数日間」バッテリーが持つ模様
Trusted Reviewsによりますと、香港で開催されたQualcommのイベントにて、MicrosoftがSnapdragon...

参考:GIGAZINE
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。