指先サイズなのに大容量!?512GBの超小型SSDがSamsungより登場!

Samsungは指先ほどのサイズで最大512GBを実現した超小型SSD「PM971-NVMe」を発表しました。

Sponsored Links

超小型なのに大容量かつ超高速

PM971-NVMe-1

「PM971-NVMe」は大きさがわずか20×16×1.5mmという指先ほどのサイズでありながらも最大512GBまでの容量を実現しており、高速なデータ転送を可能にするNVMeに対応することで、リード1500MB/s、ライト900MB/sという驚異的な転送速度を実現しています。

また、小型化したことにより、重さはわずか1gと2.5インチSSDの66分の1の重さとなっており、非常に軽量化されています。

PM971-NVMe-2

このチップ一つに48層の256Gb V-NANDチップと高性能コントローラチップ、4Gb LPDDR4メモリを搭載することで、大容量と超高速化を実現しているようです。

なお、この製品は2016年7月にも出荷開始するとのことです。

「PM971-NVMe」はPC業界にとってかなり革新的なSSDなのではないでしょうか。

この製品が搭載されることで、今までよりもさらにコンパクトながら、超高速なSSDを搭載したPCが登場することが期待できるでしょう。

参考:GIGAZINE
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。