Apple、2020年までに新OS「rOS」を搭載したARヘッドセットを発売か

iPhone X-12

Bloombergによりますと、匿名からの情報としてAppleが2019年までにARヘッドセットに対応した技術を用意し、2020年までに新OS「rOS」を搭載したARヘッドセットを出荷することを目指していることが判明しました。

Sponsored Links

新チップ、新OS、独自のディスプレイを搭載か

情報によれば、Appleが準備しているARヘッドセットはよくあるスマートフォンをはめ込んで使用するVRヘッドセットとは異なり、独自のディスプレイを搭載したヘッドセットになるとのことで、新チップや新OSを搭載しているとのこと。

新チップはApple Watchのような”System on a package”設計に似ており、グラフィックスプロセッサ、AIチップ、CPUなどの部品を普通のプロセッサよりコンパクトなサイズにすることが可能で、消費電力をより少なくすることもできるとのこと。

ディスプレイは3Dビデオストリーミングを行ってもバッテリー消費が限りなく少ないものを目指すという、かなり困難な取り組みを行っている模様。

新OSである”Reality OS”こと”rOS”はiOSをベースとしており、操作方法は確定していないものの、タッチパネルや音声認識、頭の動きなどによる操作を検討しているとのこと。

また、Appleは自社で完全に動作可能なヘッドセットを持っていないためHTC Vineヘッドセットを用いてテストを行っているとのことです。

今回の情報、個人的にはAppleの今後の方針が分かるかなり重大な情報なのではと思います。

世の中は確実にAR、VRの時代に進んでおり、それらの技術が発展していくことはほぼ間違いないでしょう。以前にMicrosoftのHololendsを用いてWindowsのウィンドウを空間上に表示する動画が公開されましたが、この動画のようにディスプレイを持たずとも画面を制限なく表示でき、場所を選ばず使用できるというのはかなり画期的なことでしょう。

rOSがどのようなものになるかは不明ですが、現行のiOSアプリを空間上に複数配置できるようになるだけでもだいぶ画期的になりそうな気がしますね。

これら期待大です。

参考:Bloomberg
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。