Appleが2015年決算発表! iPhoneの売上は大きく伸びる一方で、iPadの売上が下がっている模様

Appleは2015年第4四半期の決算を発表しました。

Sponsored Links

主に中国での売上が上昇傾向に

こちらが2015年、2014年第4四半期の収益(Revenue)と利益(Profit)を比較したグラフです。

Apple Q4 2015-1

グラフを見てみると、収益、利益ともに前年度より向上しており、Appleの好調な売上がわかるかと思います。

こちらはAppleの収益を国別に色分けしたグラフです。

Apple Q4 2015-2

2014年第4四半期以降中国が占める割合が急激に多くなり、いかに中国が重要な市場であるかがわかります。

こちらは2015年第4四半期の収益における各製品の割合です。

Apple Q4 2015-3

iPhoneが大半を占めています。

こちらが四半期ごとの各製品の販売台数を表したグラフです。

Apple Q4 2015-4

iPhoneの販売台数が大幅に上昇している一方で、iPadの販売台数が下降気味になっています。

また、わずかにMacの販売台数が上がっているようです。

こちらは2015年、2014年第4四半期の各製品の売上です。

Apple Q4 2015-5

こちらのグラフを見てみてもiPhoneの売上が大きく伸びる一方、iPadの売上が減少していることがわかります。

これからiPad Proを発売するAppleですが、iPad Pro投入でiPadの売上は改善されるのでしょうか。

iPad ProがAppleのiPadの売上にどう影響するか気になるところです。

参考:GIGAZINE
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。