Wi-Fiセキュリティに重大な脆弱性見つかる!!あるゆる機器に影響の可能性

KRA-1

セキュリティ専門家のMathy Vanhoef氏は10月16日(現地時間)にほとんどのWi-Fi機器に使用されているセキュリティプロトコル「WPA2」に重大な脆弱性があることを発表しました。

Sponsored Links

あらゆる機器に影響

今回は発見されたのはWi-Fi通信には欠かせないセキュリティ保護のための「WPA2」暗号化に関する脆弱性で、Wi-Fi経由で攻撃される恐れがあるとのこと。

この問題の深刻な点はWPA2という暗号化通信はほとんどのWi-Fi通信に使用されており、Wi-Fi通信を利用するほぼ全てのPC、スマートフォン、タブレット、その他IoTデバイスなどに影響があるということです。

ただ、幸いなことにこの脆弱性はデバイスのアップデートで対応可能であるとのこと。すでにAppleはこの問題の対応を行っているとのことで、今後数週間以内にこの問題に対応したアップデートを配信する予定のようです。

この脆弱性はほぼ全ての機器に当てはまるとのことで、かなり深刻な問題と言えそうです。アップデートが配布されしだい更新することが推奨されるでしょう。

参考:PC Watch
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。