Apple、Macの動作を補助するARMチップを開発中?バッテリー持ち向上に貢献か

macbook-pro-t1-chip-1

Bloombergによりますと、AppleはMacの動作を一部補助するARMチップを開発中であると伝えています。

Sponsored Links

バッテリー持ちの向上に貢献か

情報によりますと、このチップは「T310」というコードネームで呼ばれており、Macがスリープ中に電子メール、カレンダー、iCloudの更新などを行う「Power Nap」機能を負担する予定とのこと。

この機能をARMで負担することで現行のIntelのCPU使用時よりさらに消費電力が低減され、バッテリー持ちのさらなる向上が期待できるようです。

現行のMacBook ProにはすでにARMチップである「T1」チップが搭載されていますが、いまのところこのチップはTouch BarやTouch IDの機能を負担するのみとなっています。

今回の「T310」チップはこれよりさらにMacの機能を負担するものとなっており、将来的には完全にARMチップに置き換えることを目指しているのではないかと思われます。

そうなるとiPhoneのA10チップなどのように自社開発したCPUが搭載できることになり、さらなる低消費電力化が期待できるのかもしれません。

参考:Bloomberg
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。