Consumer Reports、MacBook Pro(Late 2016)を「推奨」評価に変更へ

MacBook Pro 2016 Battery issues-5

米消費者団体専門誌「Consumer Reports」は、バッテリー駆動時間の改善を受けてMacBook Pro(Late 2016)の評価を「推奨しない」から「推奨」へ変更したことが判明しました。

Sponsored Links

原因が判明し、問題が解決したことが要因

MacBook Pro(Late 2016)の評価を改めた理由として、バッテリー駆動時間に極端なばらつきが起こる不具合が発生していた原因をApple社が特定し、その問題が修正されたアップデートにより、バッテリーの駆動時間が改善されたことが確認されたためのようです。

実際に3台の新型MacBook Pro 13、13 Touch Bar、15 Touch Barモデルのバッテリー駆動時間の平均は15.75時間、18.75時間、17.25時間と公称値の10時間を大きく上回る結果となり、以前のような極端に短いことがないどころかかなり改善された結果となったことから「推奨」へと変更するに至った模様。

Appleは数週間以内にもこの不具合が改善されたアップデートを一般向けに提供するとのことです。

参考:CNET JapanConsumer Reports
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。