MacBook Pro(Late 2016)のバッテリー不具合の原因が判明!今後のアップデートで修正へ

MacBook Pro 2016 Battery issues-4

米国の消費者団体専門誌「Consumer Reports」にてMacBookで初めて”推奨されない”製品となったMacBook Pro(Late 2016)ですが、その要因となったバッテリー駆動時間が極端に短いことがあるという不具合の原因が判明しました。

Sponsored Links

原因はSafariの不具合

MacBook Pro 2016 Battery issues-3

Consumer Reportsは同メディアが行ったテストでMacBook Proが極端にバッテリー持ちが短いことがあった原因として、Safariの不具合が原因だったと報告しています。

この不具合はAppleより直接報告されたもので、Safariの「開発」→「キャッシュを無効にする」項目に不具合があり、同メディアのテストでもこの作業を行って以降バッテリー持ちが極端に悪くなったことが判明しています。

実際にConsumer Reportsがこの作業を行わずにもう一度バッテリーテストを行ったところ公称値通りのバッテリー駆動時間を達成したと述べています。

このSafariの不具合を修正したアップデートは現時点では「Apple Beta Software Program」登録者のみに提供されているとのことですが、数週間以内にこの不具合修正が行われた一般向けのアップデートが提供されるとのことです。

Consumer Reportsもこのアップデートにてバッテリー駆動時間の改善が確認されしだい”推奨”評価を与えると伝えています。

参考:CNET JapanAPPL chConsumer Reports
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。