米専門誌、新型MacBook Proは「推奨しない」の評価 – 原因はバッテリー持ち?

macbook-pro-2016-6

米消費者団体専門誌「コンシューマー・レポート」によりますと、MacBook Pro(Late 2016)の評価テストを実施した結果としてMacBookとしては初の「推奨されない」製品であるという評価となったことが判明しました。

Sponsored Links

原因はバッテリー持ちか?

同専門誌によりますと、MacBook Pro(Late 2016)はディスプレイ品質やパフォーマンスは高い評価であったもののバッテリー持ちに極端なばらつきがあり、推奨しないとの評価に至ったようです。

実際に同専門誌が市販のMacBook Pro 13 Touch Barなし/あり、MacBook Pro 15の3台を用いてバッテリーテストを行ったところ

MacBook Pro 13 Touch Barありモデルが1回目16時間、2回目12.75時間、3回目3.75時間

MacBook Pro 13 Touch Barなしモデルが1回目19.5時間、2回目4.5時間

MacBook Pro 15インチは8〜18.5時間

と極端にバッテリー持ちにばらつきがあったとのこと。

なお、テスト内容は完全に充電された状態で10ページのWebサイトから次々ダウンロードするというもので全て同じテスト内容で行った結果であるとのことです。

以前に新型MacBook Proの一部でバッテリー持ちがかなり悪くなる問題がありましたが、今回のテスト結果を見る限り一部の新型MacBook Proではなく、新型MacBook Pro自体にバッテリー持ちに異常がある可能性がありそうです。

アップデートで改善されたとの情報もありますが、テストしたMacBook Proは最新のバージョンのものであったので、このバッテリー持ちの原因は部品自体にある可能性があります。

念のため購入する予定の人はこの点をしっかり考えておいたほうが良さそうです。

参考:iPhone ManiaConsumer Reports
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。