MacBook Pro(Late 2016)の一部でバッテリー持ちが激減する問題が判明!

macbook-pro-2016-battery-issues-2

MacRumorsによりますと、ユーザーからの情報としてMacBook Pro(Late 2016)の一部モデルにてバッテリー持ちが公称値の10時間の半分程度しか持たないという問題が発生していることが判明したとのことです。

Sponsored Links

特定のアプリ使用が原因か?

MacRumorsのフォーラムでは

MacBook Pro 13 Touch Barモデルで、主にブラウザ使用のみでバッテリーは5〜6時間程度しか持ったことがない

MacBook Pro 15で、フルHD外部モニタ接続、Chromeによるブラウザ閲覧で、3時間しかバッテリーが持たない、ゲームをするとさらに短い

といったような問題が報告されています。

macbook-pro-2016-battery-issues-1

また、Redditでも上記画像のようにMacBook Pro 15インチでWebブラウザをしているだけなのに3時間45分しか持たなかったという報告もあります。

しかし、その一方で新型MacBook ProはAppleの公称値通り10時間近くのバッテリー持ちを実現しているとの報告も数多くあります

MacRumorsは一部のユーザーのMacBook Pro(Late 2016)のバッテリー持ちが悪い原因として、

  • Google Chromeを使用している
  • Spotlightがバックグラウンドでインデックス作業を行っている(初期の段階は負担が大きい)
  • dGPUが使用されるアプリを使用している

などを挙げています。

また、同メディアではこれの解決策としてmacOS Sierraを最新バージョンへアップデートする、SMCリセットを行うことを推奨しています

同問題が発生している場合はこの解決策を行うか、上記アプリの使用をやめた場合のバッテリー持ちを確認してみるなどを行ったほうが良いでしょう。

参考:APPL.ChMacRumors
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。